マンションやアパートの購入の際に発生する区分について

マンションやアパートの区分についてのお悩みなら、ななみ土地開発へご相談! - 区分とは?区分に関係する権利と投資について

区分とは?区分に関係する権利と投資について

ykufkuf通常マイホームと言えば一戸建てのようなイメージです。
しかし、マンションをマイホームとして購入する方もいます。
時にはアパートを建てて、その一室に自分が住み、他の部屋を賃貸にすると言う事もあるでしょう。
一戸建ての場合とマンションやアパートの場合は、購入する際も区分と言うものが発生します。
また、それらを投資に利用する人も居ますが、その際のメリット等はどのようなものがあるのでしょうか。
ななみ都市開発は不動産会社です。様々な問題を抱える事にならないようにななみ都市開発に相談しながら進めて行く事がおすすめです。

そもそも区分とはどんな事でしょうか?

例えばビルやマンション等は、一棟購入するとなると莫大な費用がかかります。
マイホームとしても、事務所としても、購入する場合は、構造上区分された部分を購入する事がほとんどでしょう。
そもそも区分とは、こうした一棟に多数の部屋が区分されている部分の事を指します。
その用途が何であれ、建物としての用途に適している場合、各部分に所有権が発生します。
マンションを購入する場合を考えてみると、マンションは大抵の場合、一棟に何戸と言う設定で建築されます。
そして部屋の条件によって一戸当たりの値段も変動してくるのです。
自分がマンションの一室を購入した場合は、その区分が自分のものとなり、所有権が発生すると言う訳です。

マンションの区分を所有する時に注意したい事

専有部分と共有部分と言うものがあります。
専有部分とは、区分の所有権が発生する建物の部分を指します。
つまり、自分の所有している区分と言う事です。
共有部分は、他の所有者と共有して使う事が出来る、または利用する事が出来るスペースを指します。
例えば、廊下やエレベーターやロビー等が挙げられます。
こうした専有部分と共有部分がありますので、マンションを購入する際には、どこからどこまでが自分自身で所有権を用いて所有する事が出来るのかを確認する必要があります。
仮に廊下の一部分に自分の個人的な荷物を置いたりする事はタブーとなりますので、注意が必要です。

管理会社が運営しているマンションの区分所有に対する管理義務について

マンション等は基本的に管理費と言う物を支払います。
これは管理会社や管理組合が行う敷地や共有部分の管理、修繕、修繕費の積み立て、管理費の徴収、その管理費の収支予算の管理等に対する費用の事で、いわば、マンションをいつも綺麗で安全な状態に保つ為に専門機関がメンテナンスを行う事を目的として運営していると言う事になります。
大抵のマンションの場合、管理費が毎月払いのケースと半年や年払いのようなスタイルがあるようです。

ビルやマンションを投資用に購入する場合について

rhtshs
ビルやマンションを投資目的の為に購入する時には、よほどの資金が無い限りは、ビルやマンションの区分を複数購入する事が多く、一棟丸ごと購入する事は個人では滅多にありません。
例えば、投資の為に、ワンルームマンションを三室購入し、それらを賃貸にすると言う方法があります。
ビルの場合も同様で、立地条件によっては、ビルの何階から何階までを購入して、事務所として貸す等があります。
こうした場合にも所有権が発生して、区分、専有部分、共有部分が発生します。

投資用に購入したマンションを売りたい場合

賃貸住宅としてマンションを購入した場合で、どうしてもそのマンションの区分を売りたい時には、一室だけでも売る事が出来ます。
三区分所有していたとしても一区分だけを売る事が可能です。
これは、オーナーチェンジと言う方法で売る事が出来、法律上では違反にはなりません。
しかし、オーナーチェンジで区分を売る場合には、現在入居している方や、事務所として利用している方等に、立ち退きをして貰う必要が出てきます。
これらの事を踏まえて、事前に連絡をして、立ち退きが完了してからの手続きとなる事が多いようです。

マンション購入時に必要な登記は?

様々な購入スタイルがありますので一例を挙げてみますと、住宅ローンを利用して分譲マンションを購入した場合、必要な登記は三種類あります。

  • ・区分建物表題登記
  • ・所有権保存登記
  • ・抵当権設定登記

これらの登記は自分で行う事も出来ますが、区分建物表題登記だけは個人ではできない事になっています。
区分建物表題登記は、全てのマンションの区分を同時に登記する必要があるからです。

区分についてのまとめ

区分とは、マンションやビルなどの一室、または一区分を示し、それらを購入した場合には所有権が発生します。
専有部分と共有部分があり、専有部分のところだけに所有権が発生します。
投資目的で購入した場合でも所有権が発生し、売却する場合はオーナーチェンジをする必要があります。
登記については、個人で出来る物と出来ないものがあり、個人で出来るものは自分でしておいても良いとされています。
一戸建てには区分は無く、一戸建ての事は、非区分建物としてまた別の扱いとなります。

Copyright(C)2016 マンションやアパートの購入の際に発生する区分について All Rights Reserved.