FX業者を選ぶ

FXで成功する人は業者選びにコツがあった! - スリッページが起こりにくい業者

新着情報

▶2014/09/01
運営者にメールするを新規投稿しました。
▶2014/09/01
スリッページが起こりにくい業者の情報を更新しました。
▶2014/08/29
マネックスfxの魅力とは?の情報を更新しました。
▶2014/08/29
マネックスfxの便利なツールの情報を更新しました。
▶2014/08/29
マネックスfxの手数料は?の情報を更新しました。

スリッページが起こりにくい業者

sireslabs
FX業者を選択する場合、スプレッドや手数料などのコスト、スワップポイントの高さといったような所に注目しがちですが、トレードを自身の思い通りに行いたいと思っている方であれば、約定力の高さに注目することをお勧めします。

基本的にチェックして欲しいポイントとしては、それぞれのFX業者がどのくらいのカバー先を保有しているのかどうかです。
カバー先というのは、業者へとレート提示をしている各種金融機関のことを言います。

FX業者というのは、基本的には多くの銀行や証券会社などから、為替レートの値というものを受け取っています。
この数値を自社を利用しているトレーダーに提示をしているのです。
レート配信というスタイルを採用しているFX業者は、このカバー先を沢山に保有していることが多いため、流動性に対してしっかりと対処することが出来るようになっているため、スリッページが起こりにくいとされているのです。

マネックスはカバー先を沢山に保有しているため、スリッページがほとんど起こらないFX業者として業界では有名です。
スリッページにお陰で利益を得る方もいますが、基本的には自分が思った注文レートでトレードが出来ないのは、本末転倒と言わざるを得ないのです。

良い業者の条件

FXが誕生した当初と比較すると、カッコの政策金利が低価格化しているということや、金融危機が起こり、経済状況が劇的に変化したといったことによって、相場の特徴などは、非常にこの当時よりも現在では変わっているものなのです。

中長期という期間を主力にしていたトレーダーは鳴りを潜めており、現在では短期、超短期のトレードをメインに行なっている方が増加している傾向がFXでは見られているのです。

つまりは昔は良いとされて評価されていたFX業者でも、現在のスタンダードを理解せず、明後日の方向に向かったサービスを提供しているようなFX業者は、生き残っていくことが出来ていません。
法令の施行はもちろん、自主規制などを行なっていることも多いですから、そういったものに対処をしつつ、その上でトレーダーを魅了するようなサービスを提供しているFX業者を選択すべきだと言えるでしょう。

変化し続けるFXという投資商品に関わる変化に対して柔軟に対応することはもちろん、それ以上に先に進んでいっているようなFX業者を選択をしていけば、その後にいくら変化が起こっても、対処をしてくれ、更に魅力ある特徴を持ってくれるマネックスのような業者であれば、問題ないでしょう。

Copyright(C)2014 FX業者を選ぶ All Rights Reserved.